尋常じゃない脇汗の量に困っています。

32歳の主婦です。私は中学生くらいからとにかく脇の汗の量が半端ではないんです。ちょうど思春期の多感な時期にそんな事になり、毎日脇汗の事がとても気になっていてもたってもいられない日々を過ごしていました。

 

唯一の対策といえば、トイレに行った時にハンドタオルでしっかり脇汗を拭き取る事でした。幸い制服の形がセーラー服で脇周りが余裕のある大きさだったので、割と脇汗のシミは目立たずに済んでよかったのですが、体育の授業の時なんかは本当に憂鬱でしたね。

 

Tシャツタイプの体操服を着ると汗ジミがめちゃくちゃ目立ってしまったんです。何をしても脇汗の事が気になりすぎてまともに授業になんて集中できなくて…体育の授業なんて早く終われ終われって頭の中ではそんな事ばかり考えていました。ですから基本的に体操服になるという事自体が嫌で高校生になってからも運動のクラブには勿論入りませんでした。

 

100%体操服にならないで済む吹奏楽部を選んで入部したくらい。思春期の頃の汗の量を思えば大人になってからは少しは汗の量も減りましたが、それでもやはり普通の人よりかは汗はよくかいているように思いますね。私自身の気にし過ぎかもしれませんが…他の部位はそれほど酷くないのに本当にこの体質たけは好きになれません。

腋臭の苦しみ

私が腋臭に気づき苦しみ始めたのは、中学2年生の時でした。友達がなんか臭くない?といったのがきっかけで自分のにおいを気にするようになり腋臭に気づきました。最初は腋臭なんて言葉も知らなくなぜ腋が臭うのか不思議でたまりませんでした。けれど、携帯で調べていくうちに原因が腋臭であることがわかりました。

 

それからは、腋臭には何が効くのか沢山調べました。一番効果があるのがミョウバンだと知った私は、さっそくミョウバンを購入し直接脇に塗り込んでみました。するとあの独特の鼻を衝く臭いが消えていました。当時中学生だったのでお小遣いにもかぎりがあり安価なミョウバンで効果が出たのはすごくうれしかったです。

 

けれど、日に日に脇がかゆくなり肌がボロボロになってしまいました。きっと刺激が強すぎたのだと思います。それからは沢山腋臭の商品を試しましたが、私はアルコールアレルギーだったのでほとんどの商品は肌が荒れてしまい使用できませんでした。

 

大人になった現在、やっとたどりついたのは8×4のアルコールフリーの商品でした。この商品に出会ってからもう何年も愛用しています。手術してしまえば早いのかもしれないけれど再発の可能性もあると聞くし、子供が小さい今は手術にふみきれなくまだまだ頼りそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です